COLUMN

お役立ちコラム

老朽化した収益物件は売却・建て替えどちらにすべき?2021.08.26

■老朽化した収益物件を売却するメリット・デメリット

 

まずは老朽化した収益物件を売却するメリットとデメリットについて見てみましょう。

 

・老朽化した収益物件を売却するメリット

 

老朽化した収益物件を売却することで売却金が得られます。

売却金は老後資金や生活費などとして使える他、次の収益物件の購入費用に充てることも可能です。

老朽化した収益物件を売却すれば維持管理の費用や税金の負担もなくなるというメリットがあります。

 

・老朽化した収益物件を売却するデメリット

 

老朽化した収益物件を売却するデメリットは、収益を得られなくなるという点です。

老朽化していてもある程度借りてくれる人がいれば収益につながります。

しかし売却してしまうと、オーナーが変わりますから収益は得られなくなってしまうのです。

 

■老朽化した収益物件を建て替えするメリット・デメリット

 

次に老朽化した収益物件を建て替えするメリットとデメリットについて見てみましょう。

 

・老朽化した収益物件を建て替えるメリット

 

老朽化した収益物件を建て替えることで入居希望者が増える可能性があり、空室対策になるなどのメリットがあります。

建て替えをすることで設備やデザインも新しくなりますので、入居希望者の人気にもつながり空室対策になるはずです。

収益物件を建て替えることにより減価償却できますので、節税効果も期待できます。

 

・老朽化した収益物件を建て替えるデメリット

 

老朽化した収益物件を建て替えるデメリットはまとまった費用が必要になるという点です。

場合によっては建て替えのために新たな融資が必要になるため、返済や資金繰りに圧迫される可能性もあります。

収益物件を建て替えても必ず人気が出るとは限らないので、思うように収益を上げられないケースも考えられます。

また、建て替え時は入居者に退去してもらう必要があるため、入居者への連絡や対応なども必要です。

結果、入居者から得ていた家賃が立て替えの間はなくなってしまうというデメリットもあります。

 

■最後に

 

収益物件が老朽化したときは売却か建て替えか悩むのではないでしょうか。

 

決め方としてはメリットとデメリットを比較する方法がある他、査定や建て替え時の見積りなどを確認して検討する方法があります。

収益物件を売却するか迷っている場合、まずは売却査定をしてみてはいかがでしょう。

 

収益物件の売却のお悩みや査定はスペースエンタープライズへお気軽にご相談ください。