COLUMN

お役立ちコラム

経営で困ったらときにアパート一棟売却で解決する方法!よくあるお悩みの内容も解説2021.10.28

■アパート一棟を経営するオーナーによくあるお悩み事例

 

アパート一棟を経営するオーナーには、家賃滞納をはじめとしたさまざまな問題があります。

問題をひとつ、ないしは複数抱えてしまい、アパート一棟の経営に行き詰まることも珍しくありません。

アパート一棟経営でよくあるお悩みを事例で見て行きましょう。

 

事例①アパートの賃料回収に難航している

 

アパートに空室が出てしまい、賃料収入が減ってしまうというお悩みもあります。

しかし、賃料に関するお悩みは空室だけではありません。

アパートの部屋を借りる人がいても、その人が家賃を滞納するケースがあるのです。

家賃滞納があると、オーナーの収入状況に影響します。

オーナーは何とか回収しようとしますが、何度も賃料の催促をすることに疲れてしまう事例があるのです。

 

事例②アパート住人同士のトラブルや立ち退きトラブル

 

アパート一棟を修繕しようと思っても住人がスムーズに立ち退きしてくれるとは限りません。

中には高齢で立ち退きが難しいケースや、立ち退きして欲しいという言葉に耳を貸さないケースもあります。

アパート一棟を経営するオーナーと住民との間で立ち退きトラブルに発展する事例があるのです。

騒音や警察沙汰など、アパートの住人同士のトラブルが発生するケースもあります。

 

事例③アパート一棟の修繕費用を準備することが難しい

 

アパート一棟を経営していると、建物が経年劣化したり、設備が古くなったりします。

アパート一棟の経年劣化や設備の故障、設備の老朽化などがあると、まとまった資金を準備して修繕を検討しなければいけません。

アパート一棟を修繕するためには高額の費用が必要になるため、修繕もできず一棟アパートを持て余すケースがあります。

 

■アパートの経営で困ったら一棟を丸ごと売却して解決することも可能

 

一棟アパートの経営に困ったら売却するという解決方法があります。

 

一棟アパートの修繕で困ったら「資金調達をして解決しよう」と思うかもしれません。

仮に一棟アパートを修繕したとしても、修繕後に修繕費用に見合った収益を上げられるか分からないはずです。

資金調達や修繕後の収益に悩むよりも売却してはいかがでしょう。

一棟アパートの家賃回収やトラブルに困っているときも、売却すれば頭を悩ませる必要がなくなります。

解決方法で悩むより、売却により手放してしまうことも方法のひとつです。

 

■最後に

 

アパート一棟の経営には家賃回収や住民トラブル、修繕など悩みが尽きません。

アパート一棟の経営で問題があると「どうやって解決しよう」と考えてしまいがちです。

アパート一棟の経営で悩んだら、売却により悩みのもとを断ってしまう対処法もあります。

悩みが深刻化しないうちに売却を検討してはいかがでしょう。

 

アパート一棟経営の売却による解決はスペースエンタープライズにお任せください