COLUMN

お役立ちコラム

札幌で収益物件を手放したい!そんなときは・・・2021.11.24

■売りやすい収益物件の条件

 

売りやすい収益物件には3つの条件があります。

収益物件の売却という出口戦略のためにも、売りやすい収益物件について考えてみましょう。

 

・売却のタイミングにマッチしている収益物件は売却しやすい

たとえば周辺の相場が上昇傾向にあったとします。

周辺相場が上昇しているときは収益物件の売却タイミングのひとつですから、所有している札幌の収益物件を売却しやすくなります。

手放したい収益物件そのものが売りやすいというより、売りやすいタイミングにあるというケースです。

 

・札幌の収益物件の情報を開示し魅力をアピールできている

収益物件を売却したくても、情報の開示が不十分だと買主が購入を控える可能性があります。

札幌の収益物件を売却したくても、魅力を十分にアピールできなければ、売却したい収益物件が目立たないかもしれません。

買主に興味や購買意欲を持ってもらえるように、手放したい札幌の収益物件の魅力を十分にアピールすることが重要です。

十分に魅力をアピールでき情報提供もできれば、売却しやすくなります。

 

・手放したい札幌の収益物件がきちんと管理されている

手放したい札幌の収益物件が汚れていると悪印象です。

不動産会社の場合は汚れていても収益物件の価値をはかることが可能ですが、一般の買主の場合はあまり手入れや掃除のされていない収益物件に好感は持たないはずです。

また、空室対策なども行われていないため、空室率が高い収益物件も最初から収益を求める買主は購入を控える可能性があります。

手放したい札幌の収益物件の管理状況がしっかりしていれば、スムーズに買主が決まる可能性があります。

 

■不動産の出口戦略

 

手放したい札幌の収益物件がある場合、出口戦略をあらかじめ考えておくことは重要です。

手放したい札幌の収益物件の出口戦略とは、いわばゴールです。

「いずれ手放したい」と思っていても、売却というゴールを定めていないと、道に迷ってしまいます。

結果、思うような売却ができない可能性があるのです。

手放したい札幌の収益物件は、売却の時期や計画をあらかじめ考え、その上で管理することで売却しやすくなります。

出口戦略を考え、ゴールに向かった管理を徹底することが重要です。

そのためには収益物件の管理に通じた不動産売却業者に相談して、管理と売却(出口戦略)両方のアドバイスを受けるといいでしょう。

 

■最後に

 

手放したい札幌の収益物件があった場合、収益も考えて一般的に売却を使います。

ただ、収益物件を手放したいと考えて売却を検討しても、売りやすいタイミングや売りやすい状態にしておかないとスムーズに売却が進まない可能性があります。

札幌の手放したい収益物件をスムーズに売却するためにも、あらかじめ出口戦略(売却)を考えて管理しておきましょう。

札幌の収益物件の売却・管理はスペースエンタープライズへお気軽にご相談ください。