COLUMN

お役立ちコラム

収益物件を売却するタイミングと注意点2021.05.20

■収益物件を売却するのに向く4つのタイミング

 

収益物件を売却するときに向くタイミングは4つあります。

まとまった資金が必要な場合や、収益物件が満室のタイミングなどです。

 

・収益物件の売却で資金調達が必要なタイミング

 

生活費や収益物件の買い替え、自宅の住み替えなど、資金調達が必要なタイミングで収益物件を売却することが考えられます。

収益物件を売却するとまとまった資金が手に入りますので、資金が必要なタイミングで売却する方法があるのです。

 

・収益物件の相場が上昇しているタイミングで売却

 

収益物件の相場が上昇している、あるいは上昇しそうなタイミングで売却するのもいいでしょう。

相場が上昇すればその分だけ収益物件の売却益が大きくなりますので、賃料なども含めた総合的な利益が増えます。

 

・収益物件が満室のタイミングで売却する

 

収益物件が満室だとオーナーに賃料が常に入る状況ですから、買い手がつきやすくなります。周囲の収益物件との競争力が落ちていない状況、そして人気を維持できている状況です。

収益物件である程度利益を得たら、人気や価値を維持できているタイミングで売却することも方法のひとつになります。

 

・収益物件の大修繕をする前のタイミングで売却する

 

収益物件を大修繕するときはまとまった費用が必要になります。

収益物件を大修繕する前のタイミングで売却すれば費用負担が軽減されます。

 

■収益物件を4つのタイミングで売却するときの注意点

 

収益物件を4つのタイミングで売却するときは注意したいポイントがあります。

注意点は以下の3つです。

 

・収益物件をいつまで売却したいか計画を立てておくという注意点

・収益物件の売却の目的を明確化しておくという注意点

・収益物件をいくらで売りたいか考えておくという注意点

 

収益物件をいつまで売却したいか計画を立てておくことで、スケジュールに合わせた収益物件の買い替えや売却による資金調達が可能になります。

収益物件を売却するときは、いつまで売却したいかスケジュールを立てて進めることが注意点です。

 

また、収益物件を売却するときは売却の目的を明確化しておくことや、いくらで売却したいか明確化しておくことも注意点になります。

目的を明確化することで、いつまで売却したいか、どのくらいで売却したいか計画を立てやすくなります。

 

たとえば収益物件の買い替えが目的の場合は、いつ買い換えるのでいつまで売却するか、どのくらい費用を収益物件の売却金でまかなうか考えてみてください。

そうすることにより、いくら以上で何時まで売却するか、計画が明確になるはずです。

収益物件を売却するときは、気にしたい注意点になります。

 

■最後に

 

収益物件の売却に向くタイミングは4つです。

収益物件を事情に合ったタイミングで売却するときの注意点は3つあります。

 

収益物件の売却タイミングや、タイミングごとの注意点などで悩んだらスペースエンタープライズへご相談ください。

最適なタイミングや注意点について説明させていただきます。