COLUMN

お役立ちコラム

収益物件の売却査定方法にはどのようなものがあるのか?2021.03.25

収益物件の売却査定ではどのような方法を使って売却査定額を算出するのでしょうか。
収益物件の売却査定でよく使われる3つの方法と注意点について解説します。
 

収益物件の売却査定でよく使われる3つの方法

収益物件の売却査定では「収益還元法」「原価積上法」「取引事例比較法」という3つの方法がよく使われています。
 
・収益物件の売却査定方法「収益還元法」とは
 
収益還元法とは不動産の収益性から査定額を出す査定方法です。
売却を検討している不動産が将来どれだけ収益を生み出すのかを検討し、そのうえで売却査定額を決める査定方法になります。
収益物件でよく使われる査定方法です。
 
・収益物件の売却査定方法「原価積上法」とは
 
収益物件の再調達原価(再び同じ収益物件を調達したらいくらかかるか)から減価修正し、
収益物件の売却価格査定に使う方法です。
 
・収益物件の売却査定方法「取引事例比較法」とは
 
過去の取引事例を参考に収益物件の売却価格を計算する査定方法です。
取引事例は築年数や住宅環境などの条件から近いものを探して収益物件の売却査定方法に利用します。
 

収益物件の売却査定方法の注意点

収益物件の売却査定方法では注意したいポイントがあります。
 
・収益物件の売却査定方法のどれを重視するかは不動産会社による
 
収益物件の売却額を算出するときは「この売却査定方法を使わなければならない」という絶対的なルールはありません。
不動産会社によって重視する売却査定方法が異なるため注意してください。
収益物件の売却査定方法のどれを重視するかが異なるからこそ、不動産会社によって売却査定額なども違ってくるのです。
 
・収益物件に関するどの情報を重視するかも不動産会社によって違う
 
収益物件に関するどの情報を重視するのかも不動産会社によって違っている点に注意が必要です。
売却査定方法で重視する方法が同じでも重視する情報が違えば売却査定額も変わってきます。
 
・収益物件の売却査定方法を用いた計算は専門知識が必要
 
収益物件の主な売却査定方法を用いた計算をするためには不動産についても専門知識を要します。
収益物件のオーナーが自分で算出しようとしても難しいため、
不動産会社に売却査定方法を用いて計算してもらうことをおすすめします。
売却査定方法の用い方や査定結果などで分からなければ説明を求めるようにすればスムーズに
売却査定価格の算出過程などを把握可能です。
不動産の専門用語などで分からないことが出てきた場合も
収益物件を扱う不動産会社に確認した方が安心して不動産売却できます。
 

最後に

収益物件の売却査定方法としてよく使われる3つの方法を説明しました。
3つの売却査定方法はどれも専門的な知識を要します。
また、不動産会社によって何を重視するかが変わってくるため注意が必要です。
収益物件の売却査定方法で重視することも含めて、
専門的な部分は収益物件を扱う不動産会社へ説明を求めてはいかがでしょう。
 
収益物件の売却はスペースエンタープライズにお任せください。