COLUMN

お役立ちコラム

収益物件の売却で注意すべき!よくあるトラブル2021.11.22

■知っておくべきリスク

 

収益物件の売却でトラブルになってしまうと、「売却できない」「売りたいが売れない」「収益物件の売却価格がかなり低くなってしまう」などのリスクがあります。

大切な収益物件だからこそ、リスクを回避し納得できる売却をすべきではないでしょうか。

収益物件のトラブルを2つご紹介します。よくあるトラブルなので、リスクを回避するためにも知っておきましょう。

 

よくあるトラブル①収益物件を売却するタイミングの判断ミス

 

収益物件の売却でよくあるトラブルのひとつに売却タイミングの判断ミスがあります。

収益物件の売却では「いつ売るか」という売却のタイミングが重要になるのです。

 

たとえば、周辺相場が上がっている状況なら、収益物件は高く売れる可能性があります。

高く売れるとその分だけ利益が手元に残るわけですから、満足できる売却につながることでしょう。

また、大修繕直後は赤字になっていることも少なくありません。

大修繕直後のタイミングで効果売却ができそうにないのに売ってしまうと、売却によっても赤字を埋めることができずマイナスに結果になってしまいます。

このように、売却タイミングの判断を間違えることで、よくあるトラブルにつながってしまうのです。

 

よくあるトラブル②収益物件の売却を専門にしていない業者に任せてしまった

 

よくあるトラブルに、収益物件の売却を得意としていない業者に任せてしまいトラブル化するケースがあります。

不動産会社にも得意分野があるため、中には収益物件の売却をほとんど手がけていない業者や、経験の浅い業者も存在しています。

そういった業者に収益物件の売却を任せてしまうと、価格設定や売却タイミングの判断ミスなどでよくあるトラブルにつながるケースがあるのです。

 

■収益物件を売るタイミングと不動産業者選び

 

収益物件のよくあるトラブルを見ると、売却タイミングと業者選びが重要であることが分かるはずです。

収益物件のよくあるトラブルを回避するためにも、売却のときはしっかりと売却タイミングを判断し、業者選びをすることが重要になります。

 

収益物件のよくあるトラブルを回避するためには、収益物件の売却を得意としている不動産会社を選ぶことが重要です。

収益物件の売却を得意としている不動産会社かどうかは、その会社のホームページや売却実績などで確認してみましょう。

実際に相談してみて知識や経験をチェックするのも良い方法です。

 

収益物件のよくあるトラブルを回避するためにも売却タイミングには注意したいものです。

収益物件の売却タイミングは、収益物件の売却を得意としている不動産会社と相談して決めるといいでしょう。

周辺相場や過去の取引実例、不動産の収益状況などの参考にしてください。

 

■最後に

 

収益物件のよくあるトラブルを回避するためには不動産会社選びと売却タイミングの判断が重要です。

よくあるトラブルを避けるためにも、業者選びは慎重に行いましょう。

 

収益物件の売却はスペースエンタープライズにお任せください。