COLUMN

お役立ちコラム

ローン残債のあるアパートは売却できるのか?2021.02.28

アパートを売却しようと考えたタイミングで必ずしもローンの返済が終わっているとは限りません。

特にアパートの購入は多額の資金が必要になることが多いため、ローン残債も高額になりがちです。

タイミングを見計らってアパート売却をするときや、引っ越しや住み替えなどの事情からアパート売却するときに、ローン残債があったらどうなるのかが問題になります。

 

ローン残債のあるアパートは売却できるのでしょうか。

売却の可否や注意すべきポイントを解説します。

 

ローン残債のあるアパートは売却できる

 

ローン残債のあるアパートは売却可能です。

 

ただし、ローン残債があるアパートは買主にとってリスクになるため、通常の不動産売却で換金することは難しくなっています。

また、ローン残債のある不動産を売却するときは、ローンの貸し手である金融機関も影響を受けます。

そのため、ローン残債のある不動産の場合は通常の不動産売却の利用は難しいという結論です。

 

ローン残債のあるアパートの場合は、ローン残債があっても使える任意売却などの手法でアパートを売却することになります。

ただ、ローン残債があるため買主と売主の手続きだけでは完結せず、ローンの貸し手である金融機関にもあらかじめ話し協力してもらうかたちになるのです。

 

売却の方法を選択ししかるべき手順を踏めば、ローン残債のあるアパートでも問題なく売却できるという結論になります。

 

ローン残債のあるアパートを売却するときの注意点

 

ローン残債のあるアパートを売却するときは2つのポイントに注意が必要です。

 

・アパート売却後のローン残債はどうなるのか確認する

 

アパート売却後のローン残債があると返済しなければいけません。

そのため、アパート売却の際に売却金がローン残債を上回るのか、それとも下回るのか慎重に確認しなければならないのです。

仮にローン残債よりアパートの売却金が少なければ、今後のローン返済計画も立てておかなければいけません。

不動産会社や金融機関と連携してアパート売却を進めることが重要です。

 

・ローン残債のあるアパートの売却ができる不動産会社に相談する

 

ローン残債のあるアパートの売却は、対応している不動産会社としていない不動産会社があります。

不動産売却を行っている不動産会社がすべてローン残債のあるアパートの不動産売却に対応しているわけではないため注意してください。

ローン残債のあるアパートの売却は、残債のある不動産の売却に対応しており、実績や経験豊富な不動産会社に相談することが重要です。

 

最後に

 

ローン残債のあるアパートは不動産売却可能です。

ただし通常の売却ではなく、残債があることを前提に交渉や手続きを進める必要があります。

アパート売却後のローン残債については返済が必要なので、売却後のことも含めてアドバイスを受けられる不動産会社に相談してはいかがでしょう。

 

ローン残債のある不動産売却はスペースエンタープライズへお気軽にご相談ください。