COLUMN

お役立ちコラム

アパート売却で諸費用を抑える方法とは?高値売却のコツ2021.06.21

■アパート売却を高値売却で行うコツは諸費用を抑えること

 

アパート売却で売主が得をするためには、高値で売却することが代表的な方法です。

しかし、アパートの売却価格に高値をつけることには限界があります。

なぜなら、高く売りたくても、相場に対してあまりに高額を設定してしまうと買主が購入をためらってしまうからです。

近隣に似たようなアパート売却の案件があれば、相場と乖離した高値のアパートより、相場通りあるいは相場よりお得な不動産を購入することでしょう。

高値でアパート売却したくても、高値を付けすぎて売れなければ意味がありません。

そこで検討したいのが「アパート売却時の諸費用を抑えること」です。

アパート売却時の諸費用をおさえることができれば、結果的に手元に残るお金が多くなります。

高値売却と同様の効果を得られるわけです。

アパート売却で可能な限り高く売りたい、お金を多く受け取りたいという場合は諸費用をおさえることがコツになります。

 

■アパート売却で諸費用を抑える方法

 

アパート売却で諸費用を抑える方法は3つあります。

 

・不動産会社だけでなく測量費用なども見積もりで比較する

 

不動産会社の査定は取得して比較しても、その他のサービスについては比較せず、不動産会社に紹介された会社をそのまま利用するケースが少なくありません。

特に測量費用などはその傾向があるのではないでしょうか。

 

・不動産会社は対応だけでなく仲介手数料でも比較する

 

不動産会社は対応や雰囲気などで比較することも重要ですが、仲介手数料で比べることも諸費用を抑えるためには重要になります。

不動産会社に支払う仲介手数料が増えると、その分だけアパート売却時に手元に残るお金が少なくなってしまうからです。

アパート売却の仲介手数料の面でも比較して不動産会社選びをしましょう。

 

・アパート売却をオーナーチェンジ方式で進める

 

アパート売却をオーナーチェンジ方式で進めることで諸費用を抑えることが可能です。

アパート売却するときは、入居者に退去してもらう方法もあります。

対して、入居者にはそのまま住み続けてもらい、マンション売却によりオーナーだけ変わるという方法もあるのです。

入居者の退去がなければ、立退料を支払い必要がありません。

結果、諸費用を抑えられるというわけです。

 

■最後に

 

アパート売却の諸費用を抑えるコツは「出て行くお金を抑えること」です。

具体的には仲介手数料による比較やアパート売却時はオーナーチェンジ方式による売却をするなど、3つのポイントがあります。

ポイントを抑えることで諸費用の負担を軽減し、手元に残るお金を多くすることが重要です。

 

アパート売却はスペースエンタープライズにお任せください。